配水管や排水管の水漏れトラブルでトイレの交換が必要になる?

配水管や排水管のトラブルで修理が必要になる他に、トイレの交換が必要になるトラブルも珍しくありません。トイレにはどのぐらいの寿命があるのか、交換するのに適した時期はいつぐらいなのかを知っておくと便利です。

■トイレはどのぐらい寿命があるのか

トイレの本体は陶器素材で出来ているタイプがほとんどです。本来陶器は100年ぐらいの寿命がありますが、トイレの場合は様々な部品から出来ています。排水管や配水管と繋がっているパーツ、パッキンや配線、そのほか電子機器などによって動いているので、水漏れなどのトラブルが起きるのはだいたい15年から20年ぐらいが一般的です。故障状態によって本体ではなく部品を交換することでトラブルが解消できることもあります。

■交換のタイミングは人それぞれ

水漏れなどのトラブルによって故障すれば本体の交換時期ですが、例えばトイレの機能をグレードアップしたい場合や、トイレに使う水を節約したいという場合に交換する家庭もあります。トイレの前に立つと自動的に蓋が開くタイプ、自動洗浄や脱臭機能が備わったタイプもあります。
節水面で見るとトイレに使う水は、家全体で使う20パーセントほどの割合を占めています。トイレの節水が大きな節水に繋がるので水道代の節約のためにトイレ本体の交換を考える人も増えています。

■まとめ
寿命による故障であれば、トイレ本体の交換が必要になります。日本では節水機能に優れたものや、様々な機能が搭載されたトイレがたくさんありますので、この機会に理想のトイレを探してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ