排水管の水漏れは蛇口を外すための道具が必要?

排水管 水漏れトラブルが起きたとき、あらかじめ解決法を知っておけば状況を早めに解決することも出来ます。もしも排水管から水が漏れていたら、原因を突き止めて自己修理が出来るかどうか確認してみましょう。

■水漏れの原因はなにか

排水管の水漏れには必ず原因があります。特に多いと言われている原因には老朽化によって水が漏れることや、接続部分が緩んでいること、排水管の中に何かが詰まっていることなどが挙げられます。気温の差が大きければ大きいほど排水管に負担がかかり老朽を速めることもありますし、地震によって接続部分がどんどんゆるくなることもあります。また場所によって、キッチンなら油汚れなど、バスルームなら髪の毛、洗濯機の排水管なら糸くずなどが詰まりの原因になり、排水管から水が漏れてしまうケースも珍しくありません。

■水漏れは自分でも直せるのか

排水管の水漏れを自分で直せるケースもありますが、修理をする内容によってあらかじめ道具の準備が必要になります。例えば蛇口を外すなら蛇口を外すための道具として水栓レンチが必要です。そのほか接続部品のナットをゆるめるプライヤやスライドレンチ、蛇口のハンドルの種類に合わせて精密ドライバーなども必要になることもあります。


■まとめ
自分で直せるケースもありますが、道具を一から揃えて修理に必要な部品を揃えるなら専門業者に依頼したほうが楽という方も多いかもしれません。出来る限り早めに連絡を入れて状況を改善するなど、迅速な対応が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ