排水管から水漏れが起きたら!自分で出来る簡単工事

水のトラブルが起こると水道 工事が頭を過りますが、ダラダラと漏れている状況を一時的に解決する方法もあります。業者が来るまでの応急処置として覚えておくと便利な豆知識を紹介します。

■水が漏れたら専用のテープで応急処置を

排水管の水漏れは工事が必要なケースもありますが、応急処置を自分で出来ることがあります。そのとき必要になるのがテープです。これは水が漏れている場所に貼るタイプであり、種類も様々です。
自己癒着テープとは、テープと呼ばれるものの粘着性のある糊などは一切使われていません。テープそのものに伸縮性があり、引っ張りながらグルグルと巻き付けるとテープの素材によって自己癒着するタイプです。糊を使っていないので素人でも使いやすいのが特徴です。そのほかにも防水補修テープやシートタイプ、水道用ラップテープがありますが、水漏れの補修に慣れていない方は自己癒着テープを使うのがおすすめです。

■防水テープの正しい使い方

排水管の水漏れ補修に取り掛かる前に、先に必要な長さのテープを先にカットしておきます。次に水漏れしている場所をキレイにふき取りましょう。水やゴミなどで汚れているとテープがうまく付かないのでキレイにしてください。次にテープを少しずつ引っ張りながら巻き付けていきます。自己癒着テープならそのまま着圧できるので作業が楽です。最後に保護テープを巻けば完了です。


■まとめ
テープそのものはそれほど高価ではなく、500円から3,000円程度で購入できるので、万が一に備えて準備しておくことをおすすめします。しかし、その後は速やかに業者に依頼して修理しなければ悪化してしまうので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ